不妊の半分は男性に原因

今日は不妊治療について書きたいと思います。

長い間、不妊は女性が原因と決めつけられてきました。

家父長制の頃は跡取りができないことで激しい嫌がらせを受けたそうです。

子供ができない女性を指す石女(うまずめ)などというひどい言葉もありました。

今はその頃よりマシかもしれませんが、まだまだ無知と偏見がはびこっています。

しかし、最新の医学情報によれば、不妊の半分は男性が原因なのです。

これを男性不妊といいます。

具体的にどういうことかというと、精液に含まれる精子が少なすぎるか、元気がないということです。

射精された精子は卵子を求めて、子宮と卵管の中を自力で泳いで遡ります。

直線距離ではわずか1メートルもないと思いますが、人間に直すと地球一周するぐらいの感覚です。

卵子にたどり着くまでにほとんどの精子が力尽きて死にます。

それを乗り越えて受精に至るには、元気のいい精子がいっぱい含まれたいい精液が必要なのです。

早い話、だんなさんはそんないい精液を出してくれてるんですか?ってことです。

夫婦で喧嘩したり、しょんぼりしたりしてないで、一度産婦人科医に二人で診てもらってはどうでしょうか?

どちらに原因があるかはっきりすれば、努力の焦点も絞れます。

男性に原因があるならそれなりの医師の処方があるだろうし、男性不妊サプリなどもあります。

問題を客観的にはっきりさせて取り組むべきだと思います。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

ソフト闇金に気をつけて!

何事も黙ってられない性格の私がブログを始めました。

共感していただけるか、イラっと来るか知りませんが、I don’t care.です。

その点、よろしく。

今日、私が言いたいのは「ソフト闇金にきをつけて!」ということです。

「なんじゃそれは?」と思いますよね。

私も思いました。

ソフト闇金というのは、ほかの闇金より金利が安く、対応が親身で、取り立てが厳しくない闇金のことらしいです。

「なんだ、それなら良心的な金貸しじゃないか」と思うかもしれませんが、全然違います。

ソフト闇金の金利相場はトサン(10日で3割)で、最近の闇金の平均トゴ(10日で5割)よりは低いけど、年利に直すと1000%以上の暴利です。

近年の闇金があまりの高金利と悪質さに走ったため、弁護士に駆け込まれたり、摘発されたりが多くなって利益率が下がった。

それよりはもう少し客にやさしくした方が商売はうまく行くんじゃないか、と考えて進化したのがソフト闇金なのです。

超ハードな路線から少しソフトになっただけで、実際は全然ユーザーにやさしくないし、完全な違法行為であることに変わりはありません。

主婦や高齢者に広まりつつあるようですが、とても危険です。

利用者を確実に破滅させる金利だし、返済が一定以上遅れると狂暴な素顔をむき出しにしてきます。

決して接触しないように。

詳しいことは下記のサイトで!

闇金の手口と弁護士の力で脱却する方法

カテゴリー: Uncategorized | コメントする