保険屋に騙されるな!

交通事故に遭ったら、加害者側の任意保険会社が交渉相手になります。

彼らは非常に親身になってくれたりするのですが、本音では決して被害者の味方ではないってわかってますか?

彼らの使命は自社が負担する保険金の節約です。

いかに被害者への支払いを安く抑えられるかでお給料が決まる仕事なのです。

自動車事故の保険金は自賠責と任意保険の2階建てになっています。

自賠責は最低限の補償をする国の制度です。

それで足りない分を上乗せするのが任意保険。

一括払いといって、任意保険会社が自賠責保険金を立て替え、上乗せ分と合算して支払うのが一般的です。

立て替え分は後で自賠責に請求するので、自社の懐が痛むのは上乗せ分だけです。

だから自賠責の上限額までは気前よく支払うが、上限が近づくと急に渋りだすのです。

これが最初は親切だけど2~3カ月すると手のひらを返したような態度を取ってくる理由です。

お人よしにならずにしっかり交渉していく必要があります。

交通事故の保険金を増やすにはいくつかの大きなポイントがありますが、より高い後遺障害等級の認定を受けることはとりわけ大事です。

むち打ちのように外見だけで障害の存在が明確でないものについては、治療を中断させて等級を取らせないように誘導することさえします。

素人がにわか勉強してすぐにわかることではないので、交通事故に詳しい弁護士に任せた方がいいですね。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す